悪玉活性酸素

不調の原因

体の不調の原因の9割が「悪玉活性酸素」によるものだと言われています。
この悪玉活性酸素に働きかけるのが水素です。
水素吸入が体に良いと言われるのは、このような理由からなのです。

悪玉活性酸素が作られるしくみ

呼吸で取り入れた酸素

毎日の呼吸で取り入れた酸素はエネルギーになりますが、そのうちの約2%は「活性酸素」と呼ばれるものになります。

活性酸素には「善玉活性酸素」と「悪玉活性酸素」の2種類があります。
善玉活性酸素
体を浄化させ、その結果
  • 殺菌作用
  • 免疫力アップ
  • 血管新生 など
悪玉活性酸素
体を酸化(サビ)させ、その結果
  • 細胞を破壊
  • 遺伝子の劣化
  • 病気の源を作る など

生活の中にある要因

私たちの日常の中にも悪玉活性酸素が作られる要因はたくさんあります。

紫外線や排気ガス、アルコールや食品添加物、タバコの摂取、過度な運動や運動不足、ストレスなどからも悪玉活性酸素は作り出されていきます。

悪玉活性酸素が多くなるとどうなるの?

体内には活性酸素から体を守る「抗酸化防御機能」がありますが、悪玉活性酸素の方が上回った状態になると、体が酸化し、病気や疲れ、老化へとつながっていきます。
釘などの鉄が酸化すると、サビが出てもろくなり異臭もするようになりますが、これと同じような劣化が細胞の中で起きてくるのです。

脳梗塞や高血圧症、癌などの病気や疲労や便秘も、この悪玉活性酵素が原因と考えられています。